ハローストレージとサマリーポケットをを5つの視点から比較チェック

「ハローストレージ」と「サマリーポケット」のトランクルームを5つの視点から違いを比較してみました。

今回は、トランクルームを利用する際に気になる「1.料金」「2.立地」「3.施設」「4.環境」「5.安全性」を比較紹介しています。

当サイトでは両社の良いところや悪いところを、ありのままお伝えしていきます。

これからどちらを使おうか迷っている方の参考にしていただければと思います。

「ハローストレージ」と「サマリーポケット」を5つの視点で比較しました!

項目 比較内容
1. 料金で比較 サイズ毎の1ヶ月の利用料金はいくら必要か?
2. 立地で比較 トランクルームの設置されている地域、対象エリアはどこか?
3. 施設で比較 どんな種類やサイズ・タイプの施設があるか?
4. 環境で比較 トランクルームにどのような設備が完備されているか?
5. 安全性で比較 セキュリティの内容や万が一の時の補償はあるか?

上記の5つの項目で、ハローストレージとサマリーポケットを比較しました。

あなたが知りたい項目をクリック(タップ)すると、移動するようになっていますので、チェックしてみてください。

1.「ハローストレージ」と「サマリーポケット」を料金で比較!

広さ ハローストレージ サマリーポケット
0.5帖 2,600円 ※6,600円~
1帖 ※13,200円~
1.2帖 6,000円
2帖 13,800円 ※26,400円~
4帖 17,200円 ※52,800円~

※サマリーポケットの金額は収納できる荷物の体積から算出しています。

サマリーポケット
ボックス種類 料金
スタンダード
レギュラー・アパレル
330円
スタンダード
ラージ
605円
エコノミー
レギュラー
275円
エコノミー
ラージ
484円
ブックス 440円
スーツケース 638円
スキー・ スノーボード
ゴルフバッグ
770円

サマリーポケットは保管スペースの入る量で換算しているので、金額だけを見ると割高になっています。

ですが1ボックスが275円からの料金で預けられるので、保管する量が少ない場合はムダなスペースもなく安く利用できます。

2.「ハローストレージ」と「サマリーポケット」を立地で比較!

立地 ハローストレージ サマリーポケット
東京都内
全国対応
対象地域 沖縄を除く 全国

ハローストレージもほぼ全国に展開しているので、沖縄を除いて多くの地域で対応が可能となっています。

一方のサマリーポケットは全国どこからでも預けられるので、お住まいがどこであっても1ボックスから気軽に依頼できます。

3.「ハローストレージ」と「サマリーポケット」を施設で比較!

施設 ハローストレージ サマリーポケット
タイプ セルフ型
(宅配オプションあり)
宅配型
サイズ ロッカータイプ~ 1ボックス~
保管施設 屋内・屋外・バイク用 大型倉庫
駐車場
敷地舗装

どちらのトランクルームも少量の荷物から収納が可能ですが、サマリーポケットは1ボックスでも預けられるので便利です。

宅配サービスはハローストレージにもオプションで用意されていますから、自分で運搬や出し入れができない場合に利用すると良いでしょう。

4.「ハローストレージ」と「サマリーポケット」を環境で比較!

環境 ハローストレージ サマリーポケット
空調
換気扇
換気口

ハローストレージは一部で空調が完備されていませんので、デリケートな荷物を収納する場合には確認することをおすすめします。

サマリーポケットの倉庫では温度と湿度が常にコントロールされており、季節毎に調整をおこないながら、急激な変化のないように管理されています。

5.「ハローストレージ」と「サマリーポケット」を安全性で比較!

安全性 ハローストレージ サマリーポケット
監視カメラ
(屋内型のみ)
照明
(屋内型のみ)
セキュリティ全般
(屋内型のみ)
補償

セキュリティは共にしっかりしていますが、ハローストレージの屋外型になると設備の違いで多少劣るかもしれません。

万が一の際の補償は各社の規定によって支払われますが、高価な物は対象外となっていることがありますので、保管には注意が必要です。

「ハローストレージ」はこんな方におすすめします!

  • 24時間利用可能を望む方
  • 自分で出し入れしたい方
  • 屋外型を利用したい方
  • バイクを保管したい方
  • 高いセキュリティを望む方

ハローストレージのトランクルームは、24時間いつでも出し入れができるので、時間に関係なく使いたい方におすすめです。

仕事などの都合で、夜や早朝しか作業できない方には自由に使えて便利です。

また趣味のコレクション等を収納している方は、宅配サービスよりも自分で作業した方が安心できるかもしれません。

そんな時はセルフ型の方が何かと便利に使えるのではないでしょうか。

タイプとしては屋外型もあるので、比較的ラフな荷物だったり、割安で借りたい場合にはピッタリです。

またバイク用を使えば、大切な愛車をイタズラなどの被害から守れるばかりでなく、雨などで錆びたり傷んだりする心配もいらなくなります。

高いセキュリティを求めているのでしたら、屋内型をおすすめします。

監視カメラや警備会社によって管理されていますので、盗難が心配な方は利用を検討すると良いでしょう。

ハローストレージの公式サイトはこちら

「サマリーポケット」はこんな方におすすめします!

  • 自分で出し入れできない方
  • 良い環境で保管したい方
  • 早朝・深夜の集荷を希望する方
  • 保管する荷物が少ない方
  • 1アイテムだけ取り出したい方

サマリーポケットは宅配型トランクルームですから、利用者さんは集配の際に荷物の受け渡しをするだけです。

ですから自分で作業する時間のない方や、楽に出し入れしたい方に向いています。

保管環境も良好で空調やセキュリティがしっかりしていますから、荷物にも優しく安心して預けることができます。

東京、千葉、神奈川の一部に限定されますが、朝6時〜10時と夜間20時〜24時の時間帯で集荷が可能となっています。

さらに10時〜18時の間でも2時間単位で、ピンポイントで指定が可能です。

料金は基本的にボックス単位ですから、数量が少なければ費用も抑えられます。

特に預ける物が少なくて、トランクルームを借りるほどではない場合には、とても便利に使えるでしょう。

また、エコノミープランと大型アイテムでは対応していませんが、1アイテムだけの取り出しにも対応しています。

ただし費用が発生しますので、計画的に利用することをおすすめします。

サマリーポケットの公式サイトはこちら

まとめ

今回は評判の「ハローストレージ」と「サマリーポケット」の違いを5つご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

同じトランクルームでも、こうして様々な角度で比べてみますと、それぞれに特徴や違いが見られます。

ハローストレージとサマリーポケットは違うタイプのトランクルームですが検討する方はたくさんいらっしゃいます。

それと同様に「スぺラボ」と「キュラーズ」で比較する方も多いのです。

詳しくは「スぺラボとキュラーズのトランクルームを5つの視点で比較チェック!」にまとめましたので、気になった方はぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました